メタボリック シンドロームのメタボリック 症候群などのメタボリック シンドローム予防とダイエットのメタボリック シンドローム 診断 基準を公開

メタボリック シンドロームのメタボリック 症候群などのメタボリック シンドローム予防とダイエットのメタボリック シンドローム 診断 基準を公開
メタボリック シンドロームなどにおけるメタボリック 症候群の予防とダイエットのメタボリック シンドローム 診断 基準を公開してメタボリック改善のメタボリック対策のダイエットなどをご紹介します。

■スポサード・リンク■


■スポサード・リンク■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メタボリック シンドローム 情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
メタボリック シンドローム ランキングへ
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

洋ナシ情報:メタボリックシンドロームの診断基準は前回...

メタボリックシンドロームの診断基準は前回説明したとおり、腹囲が男性で85センチ以上、女性で90センチ以上であることが、メタボリックシンドロームの条件となります。

また脂質が中性脂肪150mg/d?以上、またはHDLコレステロール40mg/d?未満の人。

②空腹時血糖が110mg/d?以上の人。

③収縮時血圧(上の血圧)が130mmHg以上、または拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg以上、これら①から③までのうち2つ以上が当てはまる場合にメタボリックシンドロームと診断されます。





メタボリック対策には内臓脂肪型肥満を防止することも大切です。

肥満には、洋ナシ型といわれる下半身肥満とリンゴ型といわれる上半身肥満タイプがあるよ。

洋ナシ型とは、下腹部や太もも、お尻に脂肪がつきやすい、ほとんどが皮下脂肪型肥満をいい、女性に多くみられます。

りんご型とは、特にお腹まわりに脂肪がついている内臓脂肪型肥満を指すといわれています。





メタボリックシンドロームでは、虚血性心疾患や脳血管疾患などの動脈硬化症疾患を発症する可能性が高くなります。

そのため運動習慣の徹底や食生活の改善など生活習慣の改善により内臓脂肪を減少させ、それらの発症リスクの低減を図る必要があるよ。





メタボリックシンドロームは内臓脂肪が非常に問題になります。

小腸などの内臓の周囲に蓄積された内臓脂肪が怖いのは、動脈硬化を抑制する作用のあるアディポサイトカインという物質の正常な分泌を妨げることによります。

その結果、動脈硬化が進み、糖・脂質代謝異常、高血圧になり、やがて重篤な心血管疾患等をひきおこします。













メタボリック関連情報⇒          






スポンサーサイト


メタボリック シンドローム 情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
メタボリック シンドローム ランキングへ
この記事のURL メタボリックの予防 コメント : - トラックバック : -
プロフィール

元カリスマ栄養士

Author:元カリスマ栄養士
メタボリックシンドロームの正しい改善とその予防をご紹介します!^^*)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。