メタボリック シンドロームのメタボリック 症候群などのメタボリック シンドローム予防とダイエットのメタボリック シンドローム 診断 基準を公開

メタボリック シンドロームのメタボリック 症候群などのメタボリック シンドローム予防とダイエットのメタボリック シンドローム 診断 基準を公開
メタボリック シンドロームなどにおけるメタボリック 症候群の予防とダイエットのメタボリック シンドローム 診断 基準を公開してメタボリック改善のメタボリック対策のダイエットなどをご紹介します。

■スポサード・リンク■


■スポサード・リンク■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メタボリック シンドローム 情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
メタボリック シンドローム ランキングへ
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

脂質を考える:メタボリック対策をおこなうには、自分がメ...

メタボリック対策をおこなうには、自分がメタボリックシンドロームなのかチェックすることが必要になっていきます。

では、自分がメタボリックシンドロームなのかどうかチェックするにはどうすればよいでしょうか。

そのためには、おへその高さの腹囲と血液中の脂質や空腹時血糖、血圧の値を組み合わせて判断します。





・軽い筋力トレーニング、バレーボール:20分・速歩、卓球:15分・軽いジョギング、バスケットボール:10分・ランニング、水泳:7から8分この運動指針は健康成人を対象としています。

持病のある方はかかりつけの医師に相談し、安全に運動を実施することが望まれます。

メタボリック対策のために安全に運動を継続することが大切です。





メタボリックシンドロームなのかのどうかのチェックの具体的数値は、それに加えて①脂質が中性脂肪150mg/d?以上、またはHDLコレステロール40mg/d?未満の人。

②空腹時血糖が110mg/d?以上の人。

③収縮時血圧(上の血圧)が130mmHg以上、または拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg以上、これら①から③までのうち2つ以上が当てはまる場合にメタボリックシンドロームと診断されるのです。





メタボリック対策には生活習慣病予防のための運動が欠かせません。

厚生労働省は、増加する生活習慣病を予防するために「健康づくりのための運動指針2006<エクササイズガイド2006>」を昨年7月に発表しました。

この運動指針は、安全で有効な運動を広く国民に普及することを目的とし、現在の身体活動量や体力の評価、目標の設定方法、運動内容の選択などについて具体的に示しています。













メタボリック関連情報⇒          






スポンサーサイト


メタボリック シンドローム 情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
メタボリック シンドローム ランキングへ
この記事のURL メタボリックの予防 コメント : - トラックバック : -
プロフィール

元カリスマ栄養士

Author:元カリスマ栄養士
メタボリックシンドロームの正しい改善とその予防をご紹介します!^^*)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。